本文へ移動

  • ホーム
  • カルシア改質土の施工事例

カルシア改質土の施工事例

施工実績について

カルシア改質土は、浅場・干潟・藻場の造成材として、これまでに約62万m3(17件)の施工実績があります。

施工実績グラフ

主な施工実績

  • 施工実績一覧

    PDF:127KB

施工事例

君津製鐵所西護岸沖 浅場造成工事

【施工場所】 千葉県新日鐵住金君津製鉄所西護岸沖(千葉県君津市君津1番地地先)
【施工期間】 平成23年6月13日〜平成23年8月31日
【施工数量】 カルシア改質土 15,200m3、覆砂 12,000m3、鉄鋼スラグ水和固化体製人工石 8,700m3
【配合条件】 カルシア改質材の容積混合率30%
●浚渫土の物性値
湿潤密度
(g/cm3
土粒子
密度
(g/cm3
自然
含水比
(%)
液性
限界
(%)
塑性
限界
(%)
強熱
減量
(%)
pH 粒度組成(%)
シルト 粘土
1.303 2.663 141.7 103.8 33.6 11.4 8.3 0.4 5 82.6 12
●カルシア改質材の物性値
表乾密度
(g/cm3
土粒子
密度
(g/cm3
自然
含水比
(%)
粒度組成(%)
シルト、粘土
2.995 3.269 5.9 69 26 5.5
【施工方法】 バックホウ2台(7.5m3級)を搭載した改良混合船にて、開式土運船内(1500m3級)で約90分間混合し(片舷45分)、混合後に所定投入位置まで移動させ、最大水深約10mの海底に直接投入した。
○混合プロセス :バックホウ混合
○投入プロセス :直接投入(全開式土運船)
○施工能力 :約400m3/h
●使用船舶機械
名称 仕様 数量
グラブ浚渫船 25m3級密閉式バゲット装備 1隻
ガット船 499GT級 1隻
改良混合船 7.5m3級バックホウ2台搭載 1隻
揚錨船 15t吊級 1隻
押船 2000PS級 2隻
全開式土運船 1500m3 2隻

(左)カルシア改質土混合状況、(中)施工状況全景、(右)カルシア改質土投入状況