本文へ移動

  • ホーム
  • カルシア改質土の設計・施工
  • カルシア改質土の設計

カルシア改質土の設計

  • 設計
  • 施工

設計・検討について

使用用途や対象構造物により、カルシア改質土に求められる特性(強度特性,土質特性など)は異なります。

カルシア改質土の設計では、使用用途や対象構造物に対して、強度などの構造安定性、環境安全性、施工性や経済性などの要求性能を満足するように設計を行います。

カルシア改質土の強度は、使用材料(浚渫土,カルシア改質材)や配合の条件だけでなく、施工条件や環境条件にも影響されます。このため、カルシア改質土の設計基準強度は、実海域より採取した浚渫土を用いた配合試験結果から、材料や施工時のばらつきを考慮した数値(※)を設定する必要があります。

※カルシア改質土の設計強度の設定
強度の変動係数や強度比は、試験施工により求めることが望ましいですが、試験施工によらない場合は「管中混合固化処理工法 技術マニュアル(改訂版),平成20年7月,財団法人 沿岸技術研究センター」を参考に設定することができます。

土質特性

  1. 粘着力一定の材料(C材)として取り扱うことができます。
  2. 透水係数は非常に小さく,シルト〜粘土と同程度です。
  3. 港湾域の沖積粘土と比較して,体積圧縮係数が小さいため,圧密沈下量は小さくなります。
  4. 液状化抵抗性の高い地盤材料です。
  5. 耐久性は高く,水中での長期的な劣化は,ほとんど生じません。

施工までの流れ

施工までの流れ図