本文へ移動

カルシア改質土の特長

  • 概要
  • 特長
  • 用途
  • 安全性

軟弱な浚渫土の強度増進」「濁り抑制」「海域底質の浄化」効果に優れています。

軟弱な浚渫土の強度増進効果

浚渫土にカルシア改質材を混合することで、カルシア改質材の即時的な吸水効果と経時的な水和反応が生じるため、強度を増進することができます。

軟弱な浚渫土の強度増進効果フロー図

カルシア改質土の一軸圧縮強さの経時変化

シリンダーフロー試験の比較

濁りの抑制効果

浚渫土とカルシア改質材の混合直後に、カルシア改質材の吸水作用により強度(粘性)が増大します。

このためカルシア改質土は、混合直後の水中投入時に、浚渫土単体よりも濁りの発生を抑制することができます。

水槽実験の結果
  浚渫土単体 カルシア改質土
カルシア改質材混合率 0% 30%
土砂のシリンダーフロー値(cm) 14.3 8.8
湿潤密度(g/cm3) 1.32 1.71
実績状況
落下速度(m/s) 0.49 0.83
投入量当たりの
濁り発生量
落下中の濁り
(g/m/kg-wet)
5.29 1.38
着底後の濁り
(g/m/kg-wet)
2.16 0.60
濁りの全発生量(g) 24.8 6.7
実海域の実測結果
  カルシア
改質材
混合率(%)
フロー値
(cm)
濁り分布平面図 発生原単位
(t/m3)
投入直後
〜約30分後以内
約30分後
〜50分後以内
約50分後
〜約70分後以内




0% 14.3 21.2×10-3






30% 8.7 6.7×10-3

海域底質の浄化効果

カルシア改質材は、リンや硫化物を吸着する性質(※)を有しているため、赤潮や青潮の原因物質の溶出を抑制する効果があります。

リン酸の抑制効果(赤潮の発生抑制)

硫化物の抑制効果(青潮の発生抑制)

※リンや硫化物を吸着する仕組み
 カルシア改質材からのカルシウム供給によるアルカリ性のため、溶解性の非常に低いヒドロキシルアパタイトが形成されることから、カルシア改質材は、リンを不溶化して吸着する性質を有します。
 また、カルシア改質材に含まれる鉄分と硫化物イオンとの反応やカルシア改質材からのカルシウム供給により硫酸還元菌の活性が弱まるため、硫化水素の発生を抑制する性質を有します。